>>>YAMAHA マジェスティSの一覧はこちら

普段メインの足として活用しているYAMAHA マジェスティS!だいぶ放置してきたので、たまには愛情注ぎます!
今回はリアキャリパーの分解洗浄です!まずは、ブレーキホースを止めているバンドのボルトを外します!
キャリパー本体を固定しているボルトを外します!
2本のボルトで止めているタイプでした!
ある程度緩めたらブレーキパッドを止めているピンを外すために、ピンカバーをマイナスドライバーで外します!
ピンのカバーボルトをを緩めた状態です!
キャップボルトが外れました!
次にヘックスレンチを使用し、ピンを外します!
このボルトは雨などが当たりやすいため、錆や汚れが付着し、動きが鈍くなります!ここはブレーキタッチに関わりそう!
ピンを抜くと、ブレーキパッドがすぐ取れます!
ブレーキキャリパーをバイクに固定するアームをスライドさせて外します!
このように引き出したら抜ける仕組みです!ここも普段から動く場所なので、オイルシールやグリスが重要!!
キャリパーピストンもそこまで錆や汚れもないので、ブラッシングしてグリスアップします!
かるく汚れを落とす程度に真鍮ブラシでササササっと!!!その後ピストンにシリコンスプレーを吹き付け軽い保護と動きのスムーズさをプラス!!!
組み立てに入りますキャリパーをバイクに固定するアームは稼動するのゴムを痛めないようにシリコングリスを薄付け
ブレーキパッドはカーボンや汚れ、パッドカスなどが付いているので、真鍮ブラシで汚れを落とします!
汚れを落としたら、効果があるのか?ないのか?不明なブレーキパッドグリスを付けます!ピストン跡などに付けると無駄に消費する事はさけれます!!
右側は黒いプレートも間に挟むため、黒いプレートが当たる面にもグリスを塗布します!!
無事ブレーキパッドグリスが塗り終わりました!さらに組み立てていきます!
このようにブレーキパッドにプレートを挟み込みます!※パッド側ではなく、ピストンに当たる側です!
ブレーキパッドを止めるピンも真鍮ブラシで汚れを落とし、グリスを付けて錆止めを行いました。
ブレーキパッドを入れながらピンを挿入します!
2枚目も挿入しました!!ピン側だけでなく、きちんと受け部分にもハマっているか確認が重要です!
ボルトを締めたら、ブレーキパッドピンのキャップを閉めていきます!
ディスク分の隙間があいていることを確認します!!
ディスクに対してまっすぐに入るようにゆっくりとスライドさせます!!無理なく入ったらボルトを仮止めです!
最初に外したブレーキホースステーも固定します!
しっかりしめこんだら完成です!!!点錆が目立ってきています。。。しっかり磨かないとですね。。。

>>>YAMAHA マジェスティSの一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA