>>>HONDAスーパーフォア400の一覧はこちら

ガソリンタンク板金 プラサフ下地
前回下地処理を行ったタンクに今回は黒単色を塗り、2液式ウレタンクリアを塗装していきます!
なぜか?これだけ安かったので、トヨタ用202ブラックをチョイス
塗りにくいエッジ部分や角を塗り、全体的に薄付けします!
缶をよく振り、離れて薄く薄くを心がけました!
塗り忘れが無いように、注意しながら薄く薄く!!
雨が降ってきたので、屋根があるところに!2度目塗装し、気休めにヒーターで暖めます。
3度目を塗ります。シートとの接触部分や、体が触れる場所を特に厚塗りし、全体的にムラぬならないように缶スプレーを!
テールカウルも下地処理し、プラサフ下地を作りました。
乾燥後800番~2000番で下地を整えます。削れやすいので、角は特に注意しながら研ぎました。
こちらのテールカウルもヒーターで暖めながらソリッドブラックを塗装!
3日ほど乾燥させました。今回はこのままウレタンクリアを塗装していきます。
ガソリンにも強いコート力を持つ、評価の高い2液式ウレタンクリア!説明書に従い、準備します!!
ときより雨が降る湿度80%の本日。塗装には適していない日ということはわかっておりますが、早く終わらせたかったので。
気休めにヒーターを用意!!贅沢にダイソンをチョイス。
軽く足付け程度にウレタンクリアを薄付けしました!
10分後2度目をしっかり目に塗装!!缶は常にフル事を意識しながら!
湿度が高いため、白く曇ってます。残量が少なくなり、粒が粗くなり、ゆず肌感も出てしまいました。
テールカウルはさらに、ゆず肌感が。研摩で修正できるのでしょうか?
ウレタンクリア塗装後、3日間乾燥させました。
800番で水研ぎ研磨しました。
1000番で水研ぎ研磨しました。
2000番で水研ぎけんましました。
タオルと液体コンパウンド3000番で研磨
タオルと液体コンパウンド7500番で研磨。
タオルと液体コンパウンド9800番で研磨!!
ワックスを塗り完成です!小さな傷が消えないのが残念でした。
ウレタンクリア乾燥後と研磨後の比較!!だいぶ綺麗です!
スーパーフォアガソリンタンクも同じように研磨作業していきます。
800番~2000番で研磨!
ハンネリコンパウンドを新たに使用してみました。
ハンネリコンパウンド浅い傷消し用、を新たに使用してみました。
クリーム状のコンパウンド極細を使用しました。
液体コンパウンド3000番を使用!
液体コンパウンド7500番を使用!
液体コンパウンド9800番を使用!
ワックスを塗り完成です!
クリアが薄く削りすぎる恐れがあったので、研磨も控えめにしておりますが、綺麗になりました。
タンク内もコーティングが完了しました!!
ガソリン残センサーも錆が酷かったので、タンクコーキング塗料で再塗装、新品のOリングに入れ替えて装着!
フューエルコックを取り付け!
ガソリンキャップを取り付け!
10年間不動だったCB400スーパーフォア(NC31)がいよいよ復活しました!!

自家塗装時の反省点

・クリア前に、ゆず肌(小さなボコボコ)を800番~2000番で整えておけばよかった。
・クリアを1度塗りではなく4度塗りくらい重ねればよかった。
・湿度の低い天気の良い日に塗装を行ったほうがよかった。
サイドカバーは水垢がすごかったので、2000番で研磨し、コンパウンドで鏡面仕上げにしました!!
いやー難しかったですが、今後の課題もできました!!!もっと研磨を極めて、最高の濡艶をめざしたいです。

>>>HONDAスーパーフォア400の一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA